手作り化粧品 ウィートジャーム(小麦胚芽)オイル

  トップページ > 酸化防止剤 > ウィートジャーム(小麦胚芽)オイル

ウィートジャーム(小麦胚芽)

ウィートジャーム(小麦胚芽)
メドウズのウィートジャーム(小麦胚芽)

酸化防止効果あり

ウィートジャーム(小麦胚芽)オイルは他のオイルと比べて、ビタミンEを多く含むオイルです。私はそのまま使うというよりは、他の酸化しやすいオイル(ローズヒップオイル、イブニングプリムローズオイルなど)に混ぜて酸化防止剤として使うことが多いです。

粘性のあるオイルで、他のオイルに混ぜるときの目安は10%。私は5%くらいのことが多いです。

小麦が原料ですので、小麦アレルギーの方にはお勧めできません。酸化防止剤にはウィートジャーム(小麦胚芽)オイルではなく、ビタミンEオイルを利用した方がいいと思います。

ウィートジャーム(小麦胚芽)オイルを扱うショップ

メドウズ ベースオイル ウィートジャーム
ケンコーコム
医師がすすめるアロマセラピー』 のなかで紹介されているのがメドウズ社のオイル。著者の川端医師は、メディカルアロマテラピーにメドウズ社の キャリアオイルを使用しています。私もよく使います。